ご利用規約

ペガサス香港・ペガサスチャイナ・レンタルサーバーご利用約款
2014年8月25日改定
Absolute Zero Ltd.
北京世紀創通信息技術有限公司

総則
当社は、当社が提供するサービスを利用するお客様(以下契約当事者を「契約者」サービス利用当事者を「利用者」とする)に対して、以下のサービス御利用約款(以下「本約款」に基づきサービスを提供いたします。

第1条(サービスの提供範囲)
当社が提供するサービス(以下「本サービス」といいます)の種類および内容は、以下のとおりとなっております
共用サーバ
共用サーバとは、契約者及び利用者がWEBサイト、電子メールアドレスと電子メール、データベースなどを保存するために、 当社が保有し管理するサーバのハードディスク領域を他の利用者と共用する形式でレンタルし利用できるサービスです。品目および内容の詳細は当社本サービスウェブサイト(http://hk.pegasus-idc.com/ http://china.pegasus-idc.com/)にて表示しています。
VPSサーバー
VPSサーバーとは、契約者及び利用者が当社の保有するクラウド型VPSサーバーを1台単位でレンタルし利用できるサービスです。ラインアップおよびスペックの詳細は当社本サービスウェブサイト(http://hk.pegasus-idc.com/ http://china.pegasus-idc.com/)にてご表示しています。
専用サーバ
専用サーバとは、契約者及び利用者が当社の保有するサーバを1台単位でレンタルし利用できるサービスです。ラインアップおよびスペックの詳細は当社本サービスウェブサイト(http://hk.pegasus-idc.com/ http://china.pegasus-idc.com/)にて表示しています。
ドメイン取得代行サービス、ドメイン取得管理サービス
メイン取得代行サービス、ドメイン取得管理サービスとは、契約者及び利用者が取得を希望される独自ドメインのうち取得可能なものを、弊社が利用者に代わって取得と管理を代行するサービスです。 ラインアップおよび詳細は当社本サービスウェブサイト(http://hk.pegasus-idc.com/ http://china.pegasus-idc.com/)にて表示しています。
その他、インターネット関連のサービス
ファイルサーバー、メディアストリーミングサーバー、エンタープライズメールサーバーなどのサービス、SSLサービス、サーバ監視・運用・保守代行サービス、クラウド監視・運用・保守代行サービス ならびに上記の各項に付随するインターネット関連のサービスです。ラインアップおよび詳細は当社ウェブサイト(http://hk.pegasus-idc.com/ http://china.pegasus-idc.com/)にて表示しています。
当社は、当社が決定したサービスラインアップの内容に沿ってサービスを提供するものとします。

当社は、業務の健全な遂行に必要と判断した場合、契約者及び利用者の承諾を得ることなく本サービスの内容を変更することができます。但し、その変更は、サービスの提供者としての良識・常識・誠意等に基づくものとします。


第2条(本約款の掲載と変更規定)
本約款は本サービスウェブサイト(http://hk.pegasus-idc.com/ http://china.pegasus-idc.com/)に記載します。
当社は、本サービスの運営上、必要な場合に限って、本サービスの利用期間中であっても本約款を変更することがあります。
本約款が変更となった場合、本サービスの利用規約は契約期間中であっても本約款の変更内容に準じることとします。
本約款が変更された場合、当社は当社ウェブサイトに記載し、契約者及び利用者に対して変更を通知いたします。

第3条(契約者及び利用者への連絡および通知方法)
当社から契約者及び利用者に対する連絡と通知は、特段の定めがない限り契約者が本サービスの利用申込時に登録した電子メールアドレス、または契約者が予め指定した電子メールアドレス宛に、当社が電子メールを送信する方法により行います。
契約者は、常に当社からの電子メールが、契約者が届け出た連絡先電子メールアドレスに確実に到達しうるようにし、当社から依頼のあった場合には、それに対して遅滞なく応答をおこなうこととします。
当社が契約者に対して前項記載の方法により通知した場合において、当該する通知が契約者または利用者に不到達で合った場合、それによって発生した損害について当社は一切の責任を負わないものとします。

第4条(本サービスへの申込と本約款への同意、特約)
本サービスの利用に対する申込は、当社本サービスウェブサイトに掲載しているオンライン申込フォーム、または当社指定の利用申込書に必要事項を記入の上、当社が指定する方法に提出することにより行うものとします。
本サービスの利用申込について、別途利用契約書の締結を希望する場合、契約者より当社への申し出により契約書を作成いたします。
本サービスの利用に際して、契約者及び利用者は本約款への合意が必要です。当社は契約者が本サービスへの申込を行った次点で契約者及び利用者が本約款に同意したと見なします。
当社は、本利用規約の他に必要に応じて特約を定めることがあります。この場合、契約者及び利用者は本利用規約とともに特約を遵守するものとします。
本サービスの提供は、契約者から当社への利用申込が確認され、利用料金が入金されたことが確認できた上で、当社が契約者に対して送信する登録完了通知に記載されている利用開始日より開始するものとします。

第5条(契約単位、利用者資格、身分証明の提示)
契約者が複数の本サービスを申し込む場合には、個々にサービス利用契約を締結するものとします。
ペガサスチャイナレンタルサーバーの契約者は、香港・マカオ・台湾地区を除く中国国内に登記されている企業・法人以外は申込みできません。ペガサス香港レンタルサーバーに関しては、申込に関する制限はございません。
本サービスの申込に際して、適切なサービス提供及び管理に必要な契約者及び利用者の名称、連絡先、メールアドレスなどの情報を当社に提出していただく必要があります。
本サービスへのお申し込み時、または利用期間中、利用者情報の確認、情報の更新または変更を目的に、当社は利用者に対して身分証明書コピー、パスポートコピー、営業執証副本コピーなどの身分証明に関する書類を求める権利があります。

第6条(申込の拒絶)
当社は、次の各号に該当する場合、契約者及び利用者が本約款第5条の利用資格を満たしている場合でも、本サービスの利用申込を拒絶することがあります。
申込書または契約書及び利用者の内容に虚偽があった場合
当社が本サービスの提供または本サービスに関係する装置の手配・保守が困難であると判断した場合
当社の社会的信用を失墜させる目的で、本サービスを利用する恐れがあると当社が判断した場合
反社会団体の属する者と認められる、またはそのおそれがあると当社が判断した場合
その他、当社が申込を承諾できないと判断する場合
当社が前項の規定により本サービスの申込を拒絶した場合、速やかに契約者へ通知します。また、当社は申込を拒絶した利用を開示する義務を負いません。

第7条(利用者情報の変更届出)
契約者及び利用者は、以下の各号に変更があったときは、そのことをすみやかに当社に届け出るものとします。
氏名または名称
住所または住所
当社に届け出た請求書送付先に関する事項
連絡先電話番号、電子メールアドレス
当社は、契約者及び利用者が前項の変更の届け出が遅れたこと、または届け出を行わなかったことにより、第三者が被った如何なる損害についても、一切の責任を負わないものとします。また、契約者及び利用者が同届け出が遅れたこと、または届け出を行わなかったことにより、当社からの連絡・通知が不到達であった場合でも、当社はその責任を一切負わないものとします。
本条1項の届け出があったときは、当社はその届け出のあった事実を証明する書類を提出していただくことがあります。

第8条(権利の譲渡)
契約者は、当社の書面による承認がない限り、利用契約から生じる権利を第三者に譲渡し、賃貸し、または担保に供することができません。

第9条(利用料金)
本サービスの利用料金は、当社本サービスウェブサイトまたは本サービスの利用契約書に記載された金額に準拠するものとします。

第10条(支払期限)
本サービスの利用料金の支払は、当社と契約者の間で契約書で定める場合を除き、すべて前払いとします。

第11条(支払い方法)
本サービス利用料金の支払い方法は、当社と契約者の間で書面にて特に定める場合を除き、当社所定の銀行口座への振込みによって支払うものとし、振込手数料は利用者の負担とします。銀行振込み完了後、銀行振込依頼書または振込控えをスキャンの上、当社指定のメールアドレスに添付ファイルとして送信するものとします。
契約者が請求書に基づく債務を所定の支払期日が過ぎてもなお履行しない場合、契約者は所定の支払期日の翌日から支払日の前日までの日数に年率14.6%の利率で計算した金額を遅延損害金として、本件サービス利用料その他の債務と一括して、当社が指定する期日までに当社の指定する方法により支払うものとします。

第12条(契約者及び利用者の権利と義務)
契約者及び利用者は本約款に定められた規定を遵守し、本約款に定められた範囲内で本サービスを利用する権利と義務を保持します。
契約者及び利用者は本サービスにて提供されるアカウント及びパスワードを厳重に管理するものとし、これらの不正使用により当社あるいは第三者に損害を与えることのないように万全の配慮を講じる義務を負います。また、契約者及び利用者は不正使用に起因するすべての損害について責任を負うものとします。
契約者及び利用者は、アカウント及びパスワードが第三者によって不正に使用されたことが判明した場合には、直ちに当社にその旨を連絡する義務を負います。
当社は、アカウント及びパスワードの漏洩、不正使用などから生じたいかなる損害についても、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、一切の責任を負わないものとします。
当社は、アカウント及びパスワードの漏洩を原因とする不正使用が発生した場合は、強制的にパスワードを変更することがあります。パスワードを変更したときは、当社は契約者または利用者に対しその旨を通知します。
契約者及び利用者は、本サービス申込時に設定したユーザーIDを変更することはできません。
契約者及び利用者は、当社のテクニカルサポートを有償または無償にて利用する権利を保持します。詳細は当社本サービスウェブサイト(http://hk.pegasus-idc.com/ http://china.pegasus-idc.com/)をご覧下さい。
契約者及び利用者は本サービス利用に際して、当社サーバーに保管するデーターは、当社と利用者の間で別途定める場合を除き、契約者及び利用者自身の責任でデータのバックアップを行い、これを安全に保管する義務を負います。データが失われた場合、如何なる原因であっても当社は一切の責任を負わないものとします。
契約者及び利用者が当社以外のドメイン管理業者にてドメイン取得を委託しており、本サービスで利用する当社サーバーへドメインネームサーバー(DNS)の参照先情報を変更する場合、当社と契約者の間で書面にて別途定める場合を除き、契約者及び利用者自らの責任で、当社サービスを利用するための必要な参照先変更などの手続きを行う義務を負います。
ペガサス香港レンタルサーバーの契約者及び利用者は、本サービスの利用に当たり、中華人民共和国香港特別行政区並びに利用者が帰属する国または地域の法律、文化、習慣、慣例を尊重し、公序良俗に則した公共道徳を遵守する義務を負います。
ペガサスチャイナレンタルサーバーの契約者及び利用者は、本サービスの利用に当たり、中華人民共和国並びに利用者が帰属する国または地域の法律、文化、習慣、慣例を尊重し、公序良俗に則した公共道徳を遵守する義務を負います。
契約者及び利用者が本約款に違反した場合、当社は本約款の内容に基づき厳粛に対処します。利用者が本約款に違反し、当社が甚大な損害を被った場合、ペガサス香港レンタルサーバーの契約者は中華人民共和国香港特別行政区法に基づき、ペガサスチャイナレンタルサーバーの契約者は中華人民共和国国内法に基づき、当社は契約者に損害賠償を請求します。

第13条(本サービスの利用期間)
本サービスの利用期間は、当社と契約者の間で別途定める場合を除き、当社本サービスウェブサイトまたは本サービスの利用契約書に記載された期間に準拠するものとします。
契約者自らの理由により契約期間内に本サービスの利用を終了する場合、当社は契約者への利用料金は返却しません。
利用期間満了後も契約者が本サービスの利用の延長を希望する場合、契約者が利用期間満了日より7営業日前までに当社へその旨を通知し、利用期間満了日までに新利用期間分の料金を当社へ支払うことにより、利用期間を延長することが可能です。
利用期間満了をもって利用中のサービス内容の変更を希望する場合、契約者は当社が当社が提供する別のサービスへの乗り換えが可能です。サービス内容の変更を希望する場合は、当社が別途定める方法により変更を申込むものとします。ただし、技術的に困難であるなど当社の業務遂行上支障があるときは、当社は申込を承諾しないことがあります。この場合は契約者にその旨を通知します。
利用期間満了を持って利用中のサービスを継続しない場合、契約者が利用期間満了日より7営業日前までに当社へその旨を通知する義務を負います。この場合において、通知があった日から当該通知において解除日とされた日までの期間が7営業日未満であるときは、解除の効力は当該通知があった日の翌月の解除日に生じるものとします。その際は追加利用料金の振込を伴います。

第14条(禁止行為)
当社は、次の各号に該当する行為を利用者に対して禁じます。
中華人民共和国の法令、及び中華人民共和国香港特別行政区の法令に違反する、またはそのおそれのあるいかなる行為、あるいはそれに類似するいかなる行為
中華人民共和国に対し反体制的な意見を送信また発表または流布する行為
帝国主義的、封建主義的な思想や迷信を発表または流布する行為
当社あるいは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、またはその名誉、信用、プライバシー等の人格的権利を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
特定の国家、民族、市民、文化、習慣を差別もしくは誹謗中傷する行為
政治問題、宗教問題などに絡むコンテンツを掲載する行為、及びそれらを想起させると思われるコンテンツを掲載する行為、ならびにそれらのコンテンツを含むサイトへのリンクを含むアクセス可能な方法を掲載する行為
個人情報その他第三者に関する情報を偽りその他不正な手段を用い収集、取得する行為、あるいはそれに類似する行為
個人情報を本人の同意なく違法に第三者に開示、提供する行為、またはそれに類似する行為
当社または第三者の権利を著しく侵害する一切の行為、またはそのおそれがある行為
当社あるいは第三者の法的保護に値する一切の利益を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
犯罪行為、犯罪行為を教唆したり容易にさせる行為、またはそれらのおそれのある行為
虚偽の情報を意図的に提供する行為、あるいはそれに類似する行為
特定の国家、機関の機密、安全を脅かすおそれのある情報を送信または掲載する行為
公職選挙法に違反する行為、またはそのおそれのある行為
無限連鎖講(「ねずみ講」)あるいはそれに類似する行為、またはこれを勧誘する行為
わいせつ、ポルノ、児童売春、児童ポルノ、児童虐待にあたるコンテンツを発信する行為、および児童の保護等に関する法律に違反する行為、あるいはそれに類似する行為
映像送信型性風俗特殊営業、あるいはそれに類似する行為
インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為などの可能性があるインターネット異性紹介事業、あるいはそれに類似する行為
当社の本サービスの提供を妨害する行為、あるいはそのおそれのある行為
第三者の通信に支障を与える方法あるいは態様において本サービスを利用する行為、あるいはそのおそれのある行為
当社あるいは第三者の運用するコンピュータ、電気通信設備等に不正にアクセスする行為、クラッキング行為、アタック行為、および当社あるいは第三者の運用するコンピュータ、電気通信設備等に支障を与える方法あるいは態様において本サービスを利用する行為、およびそれらの行為を促進する情報掲載等の行為、あるいはそれに類似する行為
無断で第三者に広告、宣伝もしくは勧誘の電子メール(特定電子メールを含むがそれに限定されない)を送信する行為。または第三者が嫌悪感を抱く、もしくはそのおそれのある電子メール(「嫌がらせメール」、「迷惑メール」)を送信する行為、およびそれに類似する行為
コンピュータウイルス等他人の業務を妨害するあるいはそのおそれのあるコンピュータ・プログラムを本サービスを利用して使用したり、第三者に提供する行為、あるいはそのおそれのある行為
第三者の通信環境を無断で国際電話あるいは高額な通信回線に変更する行為、および設定を変更させるコンピュータ・プログラムを配布する行為
本サービスからアクセス可能な第三者の情報を改竄し、または消去する行為
他人のIDあるいはパスワードを不正に使用する行為、あるいはそれに類似する行為
その他、他人の法的利益を侵害したり、公序良俗に反する方法あるいは態様において本サービスを利用する行為
その他、当社が相応しくないと判断した場合
前項に規定する行為には、当該行為を行っているサイトへリンクを張る等、当該行為を誘引する、または結果として同等となる行為を含みます。
利用者が第1項で規定する禁止行為に該当する行為を行っていると当社で判断した場合、当社は契約者に対して該当する行為の中止通知を行い、同時に利用者の同意の有無に関わらず本サービスの提供を強制停止する権利を保持します。また、当社が重大な違反行為と判断した場合、当社は契約者に対する通知を伴わず、本サービスの提供を即時に強制停止する権利を保持します。これらの場合、当社は本サービスの利用者に対して利用料金の返還を行わず、これによって利用者が被った如何なる損害についても一切の賠償責任を負いません。また、当社が重大な違反行為と判断した場合、公安局等関係各機関へ通報することがあります。
利用者が第1項に違反して当社に甚大な損害を与えた場合、当社は中華人民共和国国内法に則り、利用者に損害賠償を請求します。加えて契約者の違反行為に対しての苦情対応に要した稼働等の費用、および当社が契約者の違反行為により被る損害費用等を契約者に請求することがあります。

第15条(利用者情報の保護)
当社は、本契約に関連し、知り得た契約者及び利用者の技術上・営業上またはその他の業務上の情報を「ペガサスIDC プライバシーポリシー」に基づき、利用、保管、管理するものとします。
当社は、次の各号を除いて契約者及び利用者以外の第三者に契約者及び利用者の情報を提供しません。
契約者及び利用者本人の同意がある場合
ペガサス香港サーバーの場合、警察、公安局、通信監理局など、中華人民共和国香港特別区上の照会権限を有する機関からの照会があった場合、またはその他法令に基づいて提供が必要な場合
ペガサスチャイナサーバーの場合、警察、公安局、通信監理局など、中華人民共和国国内法上の照会権限を有する機関からの照会があった場合、またはその他法令に基づいて提供が必要な場合

第16条(本サービス提供の制限、提供停止、中断など)
当社は、天災・戦争・暴動・労働争議等を含む不可抗力による非常事態が発生、または発生するおそれがあるときは、本サービスを制限する措置を採ることがあります。
当社は、次の場合には、本サービスの一部又は全部の提供を中止することができるものとします。
当社の設備の保守または工事のためやむを得ない場合
当社または他の電気通信事業者の設備の障害等の発生またはその防止のためにやむを得ない場合
当社の設備に不正アクセス、クラッキング、アタック等の行為があったとき、または、これらの行為が行われていると疑われる場合
中華人民共和国の法令、または中華人民共和国公安部その他政府関連機関からの要請または命令に基づきサービスを制限、中止する場合
前項に基づき本サービスの利用の制限を行う場合
本サービスの提供を中止するときは、当社は契約者に対し、その旨とサービス提供中止の期間を事前に通知します。ただし、緊急やむを得ないときはこの限りではありません。なお、これにより契約者に損害が発生した場合当社は一切の責任を負いません。
当社は、契約者及び利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、本サービスの提供を停止することができるものとします。
利用契約上の債務を履行しなかった場合
第12条に定める契約者及び利用者の義務に違反した場合
第14条に定める禁止行為があると当社が判断した場合
本サービスの利用に関し、直接又は間接に当社又は第三者に対し過大な負荷または重大な支障(設備やデータ等の損壊を含むがそれに限定されない)を与えた場合
特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律に関する申告があり、その申告が妥当であると当社が判断する相当の理由がある場合
利用者と料金支払者が異なる場合において、料金支払者より、料金の支払停止の通告があり、利用者がそれに替わる料金支払方法を、当社の定める期間内に届け出ない場合
当社が提供する他のサービスにおいて、利用規約違反により契約を解除された場合
中華人民共和国の法令、または中華人民共和国公安部その他政府関連機関からの要請に基づきサービスを制限、中止、もしくは停止する場合
中華人民共和国香港特別行政区の法令、または中華人民共和国香港特別行政区警察当局その他政府関連機関からの要請に基づきサービスを制限、中止、もしくは停止する場合
天災・戦争・暴動・労働争議等を含む不可抗力による非常事態が発生、若しくはその恐れがある場合
契約者及び利用者がが当社が定めるセキュリティーポリシーに違反したと当社が判断した場合
その他、当社が不適切と判断する場合
当社は契約者に通知することなく、本条の規定により本サービス全部もしくは一部の提供を停止、あるいは停止のために必要な措置をとることができるものとします。これにより契約者に損害が発生した場合、当社は一切の責任を負わないものとし、 賠償の義務を負わないものとします。

第17条(免責)
当社は、契約者または利用者に対する本サービスの提供及び契約者及び利用者による本サービスの利用に起因して発生した損害の責任を負わないものとします。
当社は、当社と契約者との間で別途書面にて定める場合を除き、契約者及び利用者が本サービスの利用に際して被った損害については、賠償の義務を負わないものとします。
契約者及び利用者が本サービスを利用する際に発生した第三者との紛争に関しては、契約者自らがその責任において解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
契約者及び利用者が本サービスを利用することにより、第三者に損害を与え、そのことにより当社が損害を被った場合には、契約者は当社に対しその損害を賠償するものとします。
当社は契約者及び利用者またはその他いかなる者に対しても本サービスを利用した結果について、本サービスの提供に必要な設備の不具合・故障、その他の本来の利用目的以外に使用されたことによってその結果発生する直接あるいは間接の損害について、法律上の責任並びに明示または黙示の保証責任を問わず、いかなる責任も負わないものとします。

第18条 (紛争の解決)
本約款に基づく本サービスの利用において、当社と契約者の間で何らかの紛争、疑義、あるいは取決められていない事項が発生した場合は、当社および契約者は誠意をもって協議の上これを解決するものとします。
本契約に関して生じる紛争について前項に寄り解決できない場合は、下記の仲裁方法により解決するものとする。
ペガサス香港レンタルサーバー利用の場合:香港調解仲裁中心
ペガサスチャイナレンタルサーバー利用の場合:北京仲裁委員会

第19条 (準拠法)
本約款および本サービスの利用契約は下記の法令に従って解釈されるものとします。
ペガサス香港レンタルサーバーをご利用の場合:中華人民共和国香港特別行政区の法令
ペガサスチャイナレンタルサーバーをご利用の場合:中華人民共和国国内法


付則
この利用規約は、2014年8月25日から改定実施します。

セキュリティーポリシー
弊社とお客様は以下のセキュリティーポリシーに定める事項を遵守して運用することといたします。
遵守されない場合は他のお客様への影響を考慮し、管理責任を持つ当社が利用者が利用中のサービスを中断または強制停止をすることができるものとします。

ペガサスチャイナ・中国レンタルサーバー
情報セキュリティポリシー
当社は、お客様が安心して当社ホームページ並びにサービスをご利用いただくために「情報セキュリティポリシー」を 設け、管理体制の強化を継続していくことに努めます。

不正利用等の監視
 データベース設定及びプログラムベース以外における下記の行為
    * 不正利用を目的とした申込及び「なりすまし」行為
    * 法令に違反した迷惑メール等の配信行為
    * 不正アクセス行為
    * 当社への威力業務妨害行為
    * その他第三者への迷惑・犯罪行為
上記の不正行為が認められた場合は、中華人民共和国各関係省庁等の指導により、所轄官庁への情報提供或いは告発を行います。
また、弊社サービスに多大な影響が生じた場合は「威力業務妨害」等により、刑事告発及び損害賠償請求を行う場合が あります。
不正利用の定義は文末を参照
監視体制
当社では、ファイヤウォール等のセキュリティ機器及び有人監視により各種ログを記録し保管しています。中華人民共和国における諸法令に基づき、公的機関より、不正行為等による情報開示が求められた場合は、弊社顧問弁護士と協議 の上速やかに対処します。
プライバシーポリシー
本ホームページの一部のコンテンツでは、下記のケースにおいてお客様に対して情報の提供をお願いしています。但し、情報を提供するかどうかは、お客様ご自身に選択して頂くものです。
情報提供をお願いするケース
    * サービスについてお問い合わせをいただく場合
    * サービスに関する必要事項を送信していただく場合
    * サービスのお申し込み
    * その他フォローアップのために必要な場合
これらのケースでは、お客様とのお取引を安全かつ確実に行うため、サービスご利用のため、カスタマー・サポートのため、ドメイン登録のため、等業務上必要な範囲で情報を収集させていただいております。お客様にご提供いただいた情報は機密扱いされ、お客様と当社との顧客関係に役立てるために使用されます。お客様またはお客様のご契約サービスに関する情報は、外部組織においてマーケティングまたは勧誘に使用することを目的として外部組織に対して提供されたり、売却されることはありません。

情報管理体制
当社では、お客様情報、認証情報等の管理体制の強化に努めます。
また、これらの情報は外部のネットワークとは完全に切り離し、個別の媒体を使用し、責任を持って保管、管理を行ってまいります。また、当社IDCは、中国国家データセンター運営規則に定められた方法に加え、常時30名以上の警備員と機械セキュリティシステムにより、外部不審者の侵入は極めて困難となっております。
情報開示につきまして
ユーザー様のプライバシーマーク取得申請時におきまして、弊社に対して情報管理体制やサービスネットワークについての情報開示を請求されることがございますが、次の理由によりこれに関わる一切の情報の開示をお断りしております。
理由:弊社事業の性質上、上記の情報のすべてが機密扱いであるため開示できません。
また、これに関わる一切の情報は、弊社取引先事業者との機密保持契約により、如何なる理由があっても第三者に提供することができません。

弊社サービス規約に定める条項の他、下記の項目に該当する行為も不正利用として定義し禁止します。
不正利用の定義
●メール送信時の禁止事項
• 実在しないメールアドレスをFrom(送信元)に設定する行為
• なりすまし行為あるいは偽装行為
• 法令に違反した内容を配信する行為
• 迷惑メールを配信する行為
• メールシステムに影響を及ぼす程の大量メールの配信行為
(スパムメール配信行為)
迷惑メールとは
• 受信者に無断且つ無差別、大量に配信される広告・宣伝、いたずら目的のメール等
• ねずみ講の勧誘、チェーンメール等
• 所謂スパムメール
■対処
弊社サービスをご利用のお客様が、上記に該当する行為を行っていると弊社が判断した場合、サービス規約 に基づき、その行為の程度により以下の対処のうちいずれかを行うことがあります。
• 警告
• サービス利用停止(システムによる自動停止を含む)
• サービス契約解除
刑事告発、損害賠償請求

●ウェブサーバー利用時の禁止事項
• ハッキング、クラッキング等の不正アクセス行為
• 第三者へのホームページ領域、cgi等の無断貸し出し行為
• わいせつ等アダルトカテゴリに属するコンテンツならびにギャンブルコンテンツなどの配信行為
• 出会い系サイトの運営
• 法令、公序良俗に反するコンテンツの配信行為
• 第三者に対する誹謗中傷、その他不利益を与える行為
• サーバーシステムのリソース低下を招く要因となるプログラムの設置
• セキュリティが考慮されていないプログラムまたはウェブページの設置
• その他弊社が御利用約款で定める禁止行為を目的としたプログラム等の設置
その他下記の行為も他のお客様の利用に影響が出るため禁止とさせていただきます。
• 高負荷の原因となるcgiプログラム等の設置
• 過度な帯域を必要とするダウンロードサイトなどのサービスの運営
• 過度な帯域を必要とし高負荷の原因となる映像等の配信
• 他のお客様の利用に影響が出る程の過度なアクセスやトラフィックが発生するサービスの運営
■対処
弊社サービスをご利用のお客様が、上記に該当する行為を行っていると弊社が判断した場合、サービス規約
に基づき、その行為の程度により以下の対処のうちいずれかを行うことがあります。
• 警告
• サービス利用停止(システムによる自動停止を含む)
• サービス契約解除
• 刑事告発、損害賠償請求

以上